大阪市立大学大学院 生活科学研究科社会分子疫学/微生物学分野

当研究室について -About us-

 さまざまな微生物が増え、広がり、定着していくプロセスに着眼し、それを遺伝子レベルで捉え、自然科学、人間社会と豊かな生活にフィードバックさせることを目指します。対象としては病原微生物から発酵食品まで幅広く興味を持ち、ゲノム科学から公衆衛生学、フィールド調査まで様々なアプローチを模索しています。

研究室への参加 -Recruitment-

 学部生は大阪市立大学生活科学部から学生(卒業研究)を受け入れています。また、意欲があれば1回生からでも出入りしてもらえるように配慮します。アクセスのページで教室の場所を確認し、お越しください(アポ不要です)。
 大学院は大阪市立大学大学院生活科学研究科の一専攻科目として、他大学からの参加も積極的に募集しています。基礎から応用まで、微生物のさまざまな側面に触れ、専門職を目指したいと考えている人にとって学びやすい環境を用意しています。また、多様な共同研究先との連携にも参加できます。
 見学は随時受け付けています。お気軽にご連絡下さい!

連絡先はこちら

新着情報 -What's new-

4月からの新メンバー(大学院生、4回生)の紹介を更新しました!
メンバーのページをご覧ください。
以下の論文が公表されました。
Koizumi N, Morita M, Pheng V, Wann C, Masuoka H, Higa Y, Wada T, Hirayama K, Ohnishi M, Miura K. Rat trade and leptospirosis: Molecular epidemiology of Leptospira species in rats exported from Cambodia to Vietnam. J Transbound Emerg Dis. 2021. epub online ahead. doi: 10.1111/tbed.14077.
以下のプレプリントを公開中です。
Fujiwara N, Onaga T, Wada T, Takeuchi S, Seto J, Nakaya T, Aihara K. Analytical estimation of maximum fraction of infected individuals with one-shot non-pharmaceutical intervention in a hybrid epidemic model. arXiv 2021. arXiv:2103.02175.
以下の論文が公表されました。
Suga S, Mukai Y, Ishikawa S, Yoshida S, Paudel S, Wada T. Intensive treatment of a captive Bornean elephant (Elephas maximus borneensis) infected with Mycobacterium caprae in Japan. J Zoo Wildl Med. 2021. 51(4):1067-71,. doi: 10.1638/2019-0152.
以下の論文が公表されました。
Arima H, Nakano M, Koirala S, Ito H, Pandey BD, Pandey K, Wada T, Yamamoto T. Unique hemoglobin dynamics in female Tibetan highlanders. Trop Med Health 2021. 49(1):2. doi: 10.1186/s41182-020-00289-6.
以下の論文が公表されました。
Calliope SA, Yorifuji T, Wada T, Mukakarake MG, Mutesa L, Yamamoto T. Antenatal Care Visits and Adverse Pregnancy Outcomes at a Hospital in Rural Western Province, Rwanda. Acta Med Okayama 2020. 74(6):495-503.
http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/ja/journal/amo/74/6/article/61209
以下の論文が公表されました。
Sato T, Wada T, Nishijima S, Fukushima Y, Nakajima C, Suzuki Y, Takahashi S, Yokota SI. Emergence of the novel aminoglycoside acetyltransferase variant aac(6′)-Ib-D179Y and acquisition of colistin heteroresistance in carbapenem-resistant Klebsiella pneumoniae due to a disrupting mutation in the DNA repair enzyme MutS. mBio 2020. 11(6):e01954-20. doi: 10.1128/mBio.01954-20.
客員研究員(谷本)の共著論文が公表されました。
Ito A, Zhao Q, Tanaka Y, Yasui M, Katayama R, Sun S, Tanimoto Y, Nishikawa Y, Kage-Nakadai E. Metolazone upregulates mitochondrial chaperones and extends lifespan in Caenorhabditis elegans. Biogerontology 2020. Online Ahead of Print. doi: 10.1007/s10522-020-09907-6.
活動記録を更新しました。
6/26に公開されていたプレプリントがScientific Reportsにて公表されました。
Yabe T, Tsubouchi K, Fujiwara N, Wada T, Sekimoto Y, Ukkusuri SV. Non-compulsory measures sufficiently reduced human mobility in Tokyo during the COVID-19 epidemic. Sci Rep. 2020. 10:18053. doi: 10.1038/s41598-020-75033-5.
大阪市大プレスリリースはこちら
東大生産研プレスリリースはこちら
本HPを公開しました。
研究補佐員として、前教室(西川禎一研究室)のOG、田中(旧姓得田)佑香さんが来てくださることになりました。これからいろいろお世話になると思います。よろしくお願いします!
特任助教の谷本さんが神戸市環境保健研究所に着任しました。おめでとうございます! また、それに伴って、当分野の客員研究員に就任いただくことになりました。今後ともよろしくお願いします。
以下の論文が公表されました。
Koizumi N, Wada T, Morita M, Mu JJ, Ohnishi M. Comparative genomic analysis of Leptospira borgpetersenii serogroup Javanica isolated from Rattus species in Southern Japan, Philippines, and Taiwan. Infect Genet Evol. 2020. 85:104447. doi: 10.1016/j.meegid.2020.104447.
†Equal contribution
以下のプレプリントを公開中です。
Yabe T, Tsubouchi K, Fujiwara N, Wada T, Sekimoto Y, Ukkusuri SV. Non-compulsory measures sufficiently reduced human mobility in Tokyo during the COVID-19 epidemic. arXiv 2020. arXiv:2005.09423.
以下の論文が公表されました。
Sato T, Wada T, Shinagawa M, Fukushima Y, Nakajima C, Suzuki Y, Takahashi S, Yokota SI. Emergence of vancomycin- and teicoplanin- resistant Enterococcus faecium via vanD5-harbouring large genomic island. J Antimicrob Chemother. 2020. 75(9):2411-5. doi: 10.1093/jac/dkaa220.
以下の論文が公表されました。
Odoi JO, Ohya K, Moribe J, Takashima Y, Sawai K, Taguchi K, Fukushi H, Wada T, Yoshida S, Asai T. Isolation and antimicrobial susceptibilities of nontuberculosis mycobacteria from wildlife in Japan. J Wildl Dis. 2020. 56(4):851-62. doi: 10.7589/2019-10-261.
以下の論文が公表されました。
藤原 直哉, 翁長 朝功, 和田 崇之, 合原 一幸.感染抑制政策の最終規模への影響.生産研究.2020. 72(2); 141-3.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/seisankenkyu/72/2/72_141/_article
和田崇之が大阪市立大学に着任しました。
PAGE TOP